コミュ障のための服の選び方をファッションセンス0のコミュ障が語る。

サイトウさん
どうもサイトウさんです。

コミュ障ネタ第2弾、コミュ障のための服の選び方を話したいと思います。

大体のコミュ障はですね。

靴がダンロップ、シワクチャのシャツ、ズボンはポケットがいっぱいついてて、変なナイロンのベルトがついてる。みたいな格好してます。
僕がそんなファッションだったかというと、そうではないですが、基本的にだらしないですね。

えり女王(妻)
初めて会った時のシャツのしわくちゃ具合には驚いたわ

と言われるくらいずぼらでした。

今でもズボラですが、妻がアイロンしてくれるので、かなり楽ですね。
妻はいいぞ。妻は。

ということで、始めていきたいと思います。

 

コミュ障にとってのファッションの壁

コミュ障にとって、服を買うというのは結構な難関である。

僕自身、まず店員と話すのが嫌、自分に似合うかわからん、色とかよくわからん。サイズってどうやって合わせるの?っていう状態だった訳です。

一番難易度の低い方法から説明していこう。

 

マネキンを徹底的に活用。

コミュニケーションをできる限り取らずに服を手に入れられる手法。

マネキンに着せる服っていうのはお店が押し出している服かつ、無難にいい感じの組み合わせの場合が多い。

だから、サイズさえ自分にぴったりと合えばオッケーだ。

ただ、ここで一つ問題がある。

サイトウさん
試着室借りてもいいですか?

と店員さんに声をかけることだ。

ファッションができない人は大体、サイズがおかしかったり色がおかしかったりする。
だから、必ず試着しろ。

そして、必ず他人の目を入れろ。

 

店員さんに似合ってますか?と聞くのは恥ずかしいだろうから、
このサイズ感であってますかね?と聞けばいい。

最近の流行りはぴったりでとか、これはラフにとか、色々教えてくれるから、そのまま聞いて、そのまま実行。

自分の意見なんて1mm足りとも入れるな。

できないものは、全部丸パクリ。

 

色の相性とかってこれであってますか?って聞くのもいい。
暗に似合ってますか?って聞く感じだ。
そうすれば、何かしらのフィードバックが返ってくるから、そのまま実行。
(マネキンの服を丸ごとかってれば、色の組み合わせに問題はあまりない。)

 

雑誌からの情報をパクる。

これは中級編。
雑誌に載ってていいなって思う組み合わせを買う。

切り抜いてそのままお店に持っていけばいい、いけてる店員さんなら、適当にそれっぽくチョイスしてくれる。

相手は売りたい店員だ。こっちは服を買いたい客だ。

丁寧に対応してくれるのが普通。

 

自信を持って、店員に聞け。

 

ここで、『コミュ障がなに粋がってんだ?』みたいなバカにするような態度をとってくる店員がいたら、その店はもう終わり、違う店に行くことを勧める。

ただ、コミュ障得意の被害妄想はやめろよ。

 

とりあえず着たい服を着る。

これは現在のサイトウさんのやり方。

 

とりあえず、面白そうな奇抜な服を妻と一緒に選ぶ。

とりあえず、試着室で着る。

 

妻は試着室に顔だけ突っ込んでくる。

えり女王(妻)
そのトレーナーいいねー!、でも、そのセーターは主張の強い顔面と喧嘩しちゃってるよ。

とか、コメントしてくれる。ちなみに妻はファッションセンス0なはずなのだが・・・

 

で、上を着て、これに合うボトムスはありますか?と店員さんに聞く。

相手はプロだから、すぐに合わせてくる。

 

で、実際に下も履いてみて、いい感じだったら即購入。

 

着たい服を着れるようになると、ファッションが楽しくなる。

ここまで苦節15年。

やっと、服で悩まなくなった。

 

 

過去のサイトウさんの服の失敗談

僕は15年間服選びで苦労したからこそ、ファッションがどれだけ嫌なものかわかっている。

それを色々書いてみた。

 

毎日学校に着て行くのはジャージ。

私服OKの高校だったけど、毎日ジャージ着ていってた。

毎日洗濯してもらって。

 

ファッションが嫌いすぎて、ジャージが最強だと思ってた。

 

親と一緒に服を買いに行くのがいや。

中学生くらいまでだと、金があまりないので、親と一緒に買いに行くしかない。

まず、それがいや。

なんで、思春期に親と一緒に服を買いに行かなきゃならないんだ・・・と思う。

当時は辛かった。

だからと言って、友達や1人で買いにいっても失敗する。

 

買い方がわからないので、サイズが合わなかったりする

お金を持って、友達と買いにいっても、ノウハウがないので全く意味がわからない。

MサイズのTシャツがジャストサイズなのに、XLかったりしていたな。

サイズが合わない。

 

やっと、いい!と思える服を買っても人とかぶる。

僕は北海道の田舎出身なので、みんな大体服を買う場所がかぶる。

一部のファッションができるやつはちゃんと差別化したところで買うのだけど、
ファッション情弱の私はそんなことができるはずがない。

 

いいな!と思ったジーンズを買っても、被るのだ。

とにかく、他人と被りたくないけど、なにを選んでいいのかわからないっていう状態だった。

 

これ着てみたい!と思う服があっても、金がなくて買えない。

これは大学生になってから、多かったな。

パーカー2万?

ビームス?アロウズ?シップス?

ボトム3万?

意味不明な世界だった。

2万あったら、ユニクロでパーカー6着は買えるわとか思ってた。

 

ファッションに金をかけるの悪だなーとさえ思ってた。

 

やり方さえ学べば、ファッションは楽しい。

昔の自分に教えてあげたいのは、学べば服は楽しめるってことだ。

マネキンをそのままパクれ!とか、雑誌を買え!とか、全然知らなかった。

 

雑誌はあっても、俺が読んじゃいけない雑誌だ!とか意味不明な観念が自分の中にあった。

要は自己評価が鬼低かったのだ。

 

ファッションをする上で大事なのは周りの目を気にしないのが一番だ。

 

もちろん、TPOに合わせてっていうのは必要なんだけど、
ネガティブな言葉や視線だけを鵜呑みにしていたら、一生そのままの人生だぜ?

 

俺はとにかくそんな人生が嫌だったから、とにかく改善した。

どうしたら、ファッションが楽しくなるものかと。

 

秘訣は周りの目を気にせず、上手い奴をパクる。

ただこれだけ。

 

コミュ障であろうが、誰であろうが、誰にでも楽しむ権利はある。

だから、やるからには楽しもうぜってこった。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サイトウさん
ここまでブログを読んでいただきありがとうございます!
ちなみにサイトウさんはLINE@メルマガをやっており、
LINE@では時事的な情報、人体実験速報、僕自身のブログにはかけないちょっとしたお話を

メルマガでは僕自身が旅をしながらでも月300万稼げるようになったお話をお送りしていきます。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

LINE@(サイトウさんの実験号外速報)の登録はこちらからどうぞ

友だち追加

99%返信します!僕より変じゃない限り!笑

メルマガは一番上の旅をしながら月300万稼げる秘密
もしくは一番下のサイトウさんのコンプレックス脱出人体実験記録からご登録くださいませ。

LINE@に登録後自動で登録することも可能です!

全て同じメルマガの登録フォームとなっております!


サイトウさんのコンプレックス脱出人体実験記録

コンプレックスまみれの26歳男性がなぜ旅をしながら月300万を稼ぐことができるようになったのか?をメールマガジンにてお話ししていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です