【要注意】CBDオイルとヘンプオイルを間違えて買う人多数発生。そもそも違うからな

サイトウさん
どうもサイトウさんです。

今日はヘンプオイルとCBDオイルの違いについてご説明していこうと思います。
ヘンプオイル安いじゃん!同じものならいいじゃん!みたいなノリで買ってる人がいるみたいですが、
全然違うからな。

ということで、始めます。

それぞれ原料が違う。

ヘンプオイルの原料は?

ヘンプオイルの原料は工業用とか産業用の麻なので、
CBDオイルに含まれるCBDだったり、精神活性作用のあるTHCというカンナビノイド成分が入っていません。

全く入っていないといったら嘘になるけど、限りなく0に近い。

ちなみにヘンプオイルって言ってるけど、
実際はヘンプシードオイルで、上記の麻の種を絞ったやつだからね。

不飽和脂肪酸のバランスが整っていて、
すごい身体にいいオイルであるのは間違い無いけど、
CBDオイルとは全く違う。

CBDオイルの原料は?

麻の実を原料としたヘンプシードオイルと違って、
CBDオイルの原料は精神活性作用のあるTHCや精神活性作用のないCBDが含まれた、
麻の花だったり、葉っぱ、茎から作っている。

厳密には、日本に輸入できるCBDオイルは茎から作っているものかつ、THCが0.3%以下のものに限る。
精神活性作用のあるTHCは日本では違法となるので、含まれていてはだめ。

逆に、THCが含まれていなくとも、原料が麻の花だったらダメなわけだ。

厳しい基準で日本のCBDオイル産業は成り立っている。

それなのにも関わらず、今この業界が盛り上がっているというのが注目ポイントだ。

それぞれ成分が違う。

ヘンプシードオイルの成分は?

不飽和脂肪酸のオメガ3とオメガ6のバランスが非常にいいオイルだ。
ナッツの香りがする。

CBDオイルの成分は?

CBD成分を溶かすために、ベースオイルがヘンプシードオイルってのはあるが、
CBDオイルの成分はCBDをメインとしたカンナビノイドだ。

それぞれ用途が違う。

ヘンプシードオイルの用途

明らかに料理用です。サラダにかけて食べたりすると、油のバランスが整い身体に非常にいい。

CBDオイルの用途は?

CBDオイルはガンの治療だったり、てんかん、発達障害に改善作用があるサプリ的立ち位置のオイルになる。あとはリラックスするためだったりとか。

ヘンプシードオイル飲んで、精神がリラックスしたりとか全くないからね。

サイトウさん
ただの油じゃん・・・

ってなること間違いない。

とりあえず急務で作った記事なので、雑だがヘンプオイルとCBDオイルは全然違うと認識してくれたら嬉しい。

もし、CBDオイルを買うなら、ファーマヘンプ社の5%を購入して初めてみてくれ。

日本でこんな高濃度のオイルを買ったら5〜10倍はする。嘘じゃない。
ファーマヘンプ社(PharmaHemp社)

詳しい購入方法はここに書いておいた。
海外通販が不安な方でも大丈夫だ。

CBDオイルを安く販売している販売店はどこ?購入方法から輸入方法まで解説

それではこんな感じで終わる。

読んでくれてありがとう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サイトウさん
ここまでブログを読んでいただきありがとうございます!
ちなみにサイトウさんはLINE@メルマガをやっており、
LINE@では時事的な情報、人体実験速報、僕自身のブログにはかけないちょっとしたお話を

メルマガでは僕自身が旅をしながらでも月300万稼げるようになったお話をお送りしていきます。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

LINE@(サイトウさんの実験号外速報)の登録はこちらからどうぞ

友だち追加

99%返信します!僕より変じゃない限り!笑

メルマガは一番上の旅をしながら月300万稼げる秘密
もしくは一番下のサイトウさんのコンプレックス脱出人体実験記録からご登録くださいませ。

LINE@に登録後自動で登録することも可能です!

全て同じメルマガの登録フォームとなっております!


サイトウさんのコンプレックス脱出人体実験記録

コンプレックスまみれの26歳男性がなぜ旅をしながら月300万を稼ぐことができるようになったのか?をメールマガジンにてお話ししていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です