思春期における天パの生きづらさをチリ毛野郎が楽になる方法を語ってみた

サイトウさん
どうもサイトウさんです。
この吹き出しの使い方も様になって来ましたよ。ええ。

今日は僕の思春期の話と今の話を、天パというつなぎを使ってこねてハンバーグを作ってみようと思う。

思春期における天然パーマの生きづらさ

あだ名がとりあえず多い

これはこの記事で説明した。あだ名の数半端ないからな。覚えきれないくらいつけられたわ。

天パが生き辛いと思うやつ集合!天パがつけられるあだ名あるある5選

とりあえず、イジリ(いじめ)の対象

いじりかいじめは愛があるかどうかとキンコンの西野さんはおっしゃっていたが、

僕の中学はいじめに近く、高校に入ってからはいじりになって行った。

これは付き合う友達で変わるぞ。本当に。

髪型が決まらない。

朝、寝癖がつくと、もうどうしようもない。

頭洗うしかないレベルに爆発したりする。

そして、決まった髪型はなく、自分でいいな!と思った髪型を再現することはほぼ不可能だ。

天然パーマisコスモ

くせ毛用シャンプーに手を出すが、感動は風呂場で終わる。

これ早速中学生の時に使いました。

思春期の俺、可愛いー。

くせ毛を滑らかにするシャンプーですね。

これ使うと、若干癖が弱くなるんですよ。

特に洗った直後なんか、

サイトウさん
俺、もしかしてストレートに生まれ変わったのかも

とか思うけど、束の間。

風呂を出て、髪を乾かしたら、

サイトウさん
幻想だった・・・

と愕然とします。

しかもシャンプー無駄に高い。1000円近くするし、量が少ない。

中学生にとっては、ハードルの高い代物でした。

アイロンなどに手を出して、髪の毛が傷みすぎて、まっすぐにならない。

これは高校時代、ドンキの2000円のヘアーアイロンを買った時の話ですね。

アイロンの機能にはとてつもなく感動しました。

僕のころ前髪チリチリが、ストレートになって、おでこに下りるのです。

サイトウさん
すげえええええええええ
サイトウさん
天パに向けた神様からのギフトじゃん!

と、毎日のように使っていたらですね。

最初ほど、ストレートにならず、チリストになるんですよね。

チリ毛ストレート。

それでもまだ使い続けると、全然ストレートにならなくなってくる。

これは終わったと当時思いましたね。

神様からのギフトが・・・と。

天然パーマだと髪が傷んでるかどうかさえもわからないのですが、
天パも髪は痛むようで、アイロンって髪が痛むとかからないんですよね。

そして、せっかくかかっても、水に濡れると、シュルルル!って感じでチリ毛にすぐ変身されます。

今思うと、幾度となく火傷しましたけど、それでもアイロンとの付き合いは楽しかったなー。

縮毛矯正をすると、えっ?って髪型になる。

これは天パの人しかわからないと思うが、
縮毛矯正には前髪だけにかけるのと、髪全体にかけるのがある。

女性がかけるなら、まだいいんだ。女性は髪が長いから綺麗にかかる。

だが、男がかけると、かなり不自然になるのだ。

これはどうやっても不自然としか言いようがない。僕が経験してるからだ。(前髪だけ)

髪全体にかけると、全ての髪がスットーンとなるのだ。

いい感じのストレートではない。全ての髪が重力に逆らわずに、落ちる。

前髪だけにかけると、カオスな状態になる。

前髪だけ、スーパーストレートで他チリチリだ。

美術2をとった男が書いた似顔絵だとこんな感じになる。

このノーマルスタイルから

こうなる。

表情に哀愁が漂ってるな。

当時は非常に悲しい気持ちになった。

サイトウさん
何を目指してるんだ俺・・・

 

現在、僕は天パでよかったと思っている。その訳は?

そんな僕でも、天パとお付き合いをうまくできるようになったのはごく最近

きっかけはやはりいい美容師さんに出会うかどうかと褒めてくれる存在(妻)だ。

美容師さんからの天パへのアドバイス。

天パに悩んでいた頃は、短髪が全て正義だと思っていた。

そして、いろんな美容師さんからもそう言われた。

短髪にすれば癖が目立たなくなるからいいよー!と。

 

僕は圧倒的素直なので、言われたことをそのまま信じる。

だから、長らく短髪で過ごしていた。

時にはノーアタッチメントで頭を剃り、完全ボウズになったこともある。

ちなみに、完全ボウズになると、Tシャツを着るのが大変になる。繊維に頭が引っかかり、首をするっと出せないのだ。

トゥんっ!トゥんっ!となって服を着れないのが嫌だった。

まぁそれはいいとして、僕は旅先でノリで髪を切ったことがある。

それは京都だった。

出会った美容師さんから言われたのは、

『こんなにいいパーマなら伸ばしたらいいじゃないっすかー・・・伸ばしたらこういう髪型できますし。』

という天然パーマへの未来を提案しながら、プランを教えてくれたのだ。

僕にとって神の一言だった。

僕はそっからひたすら髪を伸ばし、今ではヘアースタイルに困ることはなくなっている。

妻からの天パへのアドバイス。

アドバイスというよりか、毎度毎度しつこく褒めてくれる。

僕が

サイトウさん
そんなに褒めてバカにしてんのかよ!

と言っても

えり女王(妻)
本当にいいから褒めてるんだよー

とずっと褒めてくれる。

だから、僕の自尊心は上がり続ける。

しつこく、丁寧に、折れない。というのは妻を見てて思うけど、本当に強い。

天パのいいところを心を込めてあげていく

僕が天パに困らなくなってから、天パへの愛が深くなったので、いいところを上げていく。

パーマをかけなくてもパーマ

昔から言われていたことだけど、パーマをかけなくてもパーマがかかっているような髪だ。

当時はすごいバカにされてると思っていたけど、みんながお金をかけて手に入れてるものを無料でなんてお得ー!と思えるようになった。

そして、パーマスタイルは結構楽しいぞ。洒落てる感出るし。

髪型をセットしなくても楽

美容師さんに切ってもらって、スタイリングなどを教えてもらうが、

正直セットしなくても、髪が長いパーマだと、どうにでもなる。

どっちに髪よせるか、髪を結ぶか結ばないかみたいな感じでも、とりあえずなんとかなる。

非常に楽。毎日困らない。人にどう思われるとか考えなくて済む。天パありがとう。

昔は天然パーマを褒められると嫌だったが、社会人になると嬉しくなる。

昔は褒められるとバカにされてると本気で思っていた。

サイトウさん
こいつ、俺がこんなに天パで悩んでるのになんで褒めてくるんだよ!

みたいな。

だけど、本当に褒めてくれてるってことを理解できると嬉しくなってくる。

そうすると、自分の自尊心が上がる。ひねくれなくなる。自信を持てる。

堂々とできる。

天パだからいいよねと思えるくらいまでになれます。

パーマ&カラーというパンピーにはできないヘアーができる(未体験)

これは未体験なんだけど、妻が通っている某美容室にはヘアカラーのスペシャリストがいる。

最近そこで髪を切ったのだが、その際にカラーいれるなら、こんな感じでーとか色々説明を受けた。

その際に言われたのは、
『パーマとカラーを同時にするのはできないから、パーマを既に持っているあなたはラッキー。そこにカラー入れたら、どうやってやってるの?って思われるよ。』

とのこと。

珍し物好きの僕としては感動し、まだ未体験ではあるが、近々試してみる予定。

パーマonパーマができる(未体験)

これもパンピーにはできない代物だ。

天然パーマの上から、人工パーマをかけるという荒技。

大泉洋さんとかも確かそうじゃなかったかな。

スッゲーファンキーな感じになりそうだなーと思う。

天然パーマについてまとめ

僕は、思春期の頃、天パのことが本当に嫌いで、辛くて、こんなにもストレートがうらやましいと思ったことはありませんでした。

天パだからいじられる、天パだから自信持てない、天パだからダメなやつ。

こういう紐付けをしていたんですね。

しかし、人との出会いや、学んで知るというだけで、簡単に解決してしまうのです。

悩んでいることを一瞬で解決できる魔法のような人、情報はこの世の世界に絶対いるし、あるんです。

昔、悩んでいたことって、なんでこんなことで悩んでたんだろう・・・みたいに思うことって結構あるじゃないですか。

それと一緒で、悩みが解決されると、なんでこんなことで悩んでたんだろう。って思えるようになります。

僕が克服したコンプレックスの一つのお話でした。

ではまた。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
サイトウさん
ここまでブログを読んでいただきありがとうございます!
ちなみにサイトウさんはLINE@メルマガをやっており、
LINE@では時事的な情報、人体実験速報、僕自身のブログにはかけないちょっとしたお話を

メルマガでは僕自身が旅をしながらでも月300万稼げるようになったお話をお送りしていきます。

登録しておくと、基本的にラッキーなことしか起きないようになっております。

LINE@(サイトウさんの実験号外速報)の登録はこちらからどうぞ

友だち追加

99%返信します!僕より変じゃない限り!笑

メルマガは一番上の旅をしながら月300万稼げる秘密
もしくは一番下のサイトウさんのコンプレックス脱出人体実験記録からご登録くださいませ。

LINE@に登録後自動で登録することも可能です!

全て同じメルマガの登録フォームとなっております!


サイトウさんのコンプレックス脱出人体実験記録

コンプレックスまみれの26歳男性がなぜ旅をしながら月300万を稼ぐことができるようになったのか?をメールマガジンにてお話ししていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です